Diana Ross : ダイアナ・ロス

Diana Ross : ダイアナ・ロス
Biography

amazon :: amazon :: itunes :: google-play-music-icon :: spotify-icon

recochoku :: mora

ダイアナ・ロス(Diana Ross、Diane Ernestine Earle Ross、1944年3月26日 – )は、アメリカ合衆国の歌手。アメリカで最も成功した黒人女性歌手の一人であり、ブラックミュージック界の大御所である。

 ・ Diana Ross : ダイアナ・ロスのまとめページ: 100Motown.com

プリメッツは、1961年にモータウンと契約、3人組となってシュープリームスとしてデビュー。
ダイアナは、シュープリームスのリードシンガーとして『ストップ・イン・ザ・ネイム・オブ・ラヴ』『恋はあせらず(You Can’t Hurry Love)』『キープ・ミー・ハンギン・オン』『恋ははかなく』など、数々のヒット曲を放ち、トップスターの仲間入りを果たす。ほとんどのヒット曲は、モータウンの看板作曲家チームのホーランド=ドジャー=ホーランドの作品である。元々、ダイアナ一人が目立っていたスプリームスだったが、1967年にはメンバーチェンジを機に、ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームスと正式にグループ名が変わった。

スプリームスの人気が一段落した1970年に、ダイアナはグループを脱退。ソロ歌手として活動を始める。ソロ転向後も、同年リリースの『エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ』を皮切りに、『タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング』『マホガニーのテーマ(Theme From ‘Mahogany'(Do You Know Where You’re Going To))』(日本では、ネスカフェのCM曲としても有名)などの全米1位ヒットを放ち、スーパースターとしての地位を確立した。